終着点 – うちの妻・M佳(27)を寝取ってください 最終章

うちの妻・M佳(27)を寝取ってください 最終章

羞恥心と背徳感…葛藤する人妻は夫の寝取られ願望を叶えられるのか。

妻とハメ撮りして、その全てを見せて欲しい…。

スワッピング愛好サークル主催者に持ちかけられた「寝取られ」の依頼。

今回の相手は数ヶ月前に寝取った「17」のM佳。

夫が覗いているとも知らずに男に迫られ身体を許す人妻。

最中に突入してきた夫を見てパニックになるものの、説得され夫の目の前でSEX。

さらに別のサークル会員男性も参加し、3Pを夫に見せ付ける。

羞恥と快楽の狭間で悶絶する人妻は失禁するほど乱れに乱れた。

「うちの妻・M佳(27)を寝取ってください 最終章」の本編動画はこちらから

女優さんは、最高に好み…

いかんせん、旦那が台無しにしてる(笑)しかしながら、女優さんは、感度もよく表情も色っぽくて最高でした(*ノωノ)

女優

この作品の女優さん美里慶子神崎千尋菜月リアで他の作品に出演されてますね。

完落ち

この最終章しか見てませんが。

夫の存在が空気のごとく描かれており、それが好きならおすすめ。

実在の夫婦としたならば、この夫婦は完全に愛し合う夫婦ではなく、ただの同居人まで成り下がっています。

なぜなら、・妻がすでに性に目覚め恥じらいがない。

メス感は高い。

・夫の存在がむしろ性の宴の邪魔に思っていそうな扱い。

夫が眼中に入っておらず、主催者が促さないと夫婦の会話がない。

だからです。

そういうシチュエーションが好きであればおすすめ。

定番の「どっちがいい?」「ものたりないか?」などの自虐プレイはある。

私にとっては夫の反応が面倒くさいと感じる。

(私は見ていないが)前作までを見ていれば、淫乱メス犬化の過程も見れ、本作でついに、普通の妻には後戻りできないところまで変化した妻をみれるという点がこの作品の醍醐味。

終着点

冒頭のシーンでもこの作品までに積み重ねてきた監督との関係が垣間見れるようです。

夫の登場によるせざるを得ないというシチュエーション作りも上々でした。

それによって「命令」という形で徐々に自身の内に潜む欲求を出しやすくした環境つくりも良いですね。

今回の結末は夫が望んだ通りの結果だったのか、又はそれ以上の展開になってしまっていたのかを考えてしまう点も作品として上手に作られているという事になるのでしょう。

「うちの妻・M佳(27)を寝取ってください 最終章」の本編動画はこちらから

SNSでもご購読できます。