【藤江由恵】傑作! – 映画館寝取られ 夫の横で痴●にあった妻 藤江由恵

映画館寝取られ 夫の横で痴●にあった妻 藤江由恵

結婚10周年、夫婦でお祝いディナーに出かけた。

その帰り道、ポルノ映画館を見つける。

上映していたのはセックスレス夫婦の話だった。

自分たちと重ね合わせ、夫婦で鑑賞することになるが、夫は途中で眠ってしまった。

隣の席に男が座り、太ももを触りはじめた…。

「映画館寝取られ 夫の横で痴●にあった妻 藤江由恵」の本編動画はこちらから

女優名: 藤江由恵

ありえない状況の設定ですが面白い

こういった状況があるとは思えないのですが、ですので妄想の中の設定ということで、ありかなと思います。

ただ実際の性交が少なくてちょっと残念です。

口腔性交が多すぎますね。

フェラ好きにはいいDVDです。

明るすぎだって !

「淫語夫人」とかいう作品がなかなかよかったので、藤江由恵という女優の他のタイトルを見てみたが、これは不発だった。

映画館がフラットに明るくて、淫蘼さが感じられなかったのが致命的。

男の顔なんか見えなくたっていいよ、ペンライトくらいの明るさでよかったんだよ。

丁寧にドラマを構築しようとしているんだけど、残念だったね。

最近の映画館ものでは一番

素晴らしい。

最初に手マンでいかされる場面は、触覚と視覚を感じての女優演技はツボであった。

痴●映画館のように自宅まで来ることなく、舞台は映画館の中一本に絞っているのは、良い。

ただ残念なのは、段々とエスカレートして行くのが現実離れしていることであり、どうせ現実離れするのであれば、もっと隠語を頻発してほしかった。

傑作!

女性心理を細かく描いた傑作だと思います。

最初は馬鹿な夫の行動につきあわされて、しょうが無く入ったポルノ映画館。

ただ日々の欲求不満がたまっていたのは事実で、この奥さんには潜在的な願望があったのだろう。

2度目は震えながら自分から入るところがまたいいし、状況設定や演出など細かい部分にまでリアリティーがあって引き込まれました。

妻の心理描写や下着の変遷など丁寧に表現され、女優さんの演技力も素晴らしかったです。

「映画館寝取られ 夫の横で痴●にあった妻 藤江由恵」の本編動画はこちらから

SNSでもご購読できます。