【二宮ひかり】感情の表現力 – 家族を守る為、ゲスな金持ちの下でメイドとして働く事になった。 二宮ひかり

家族を守る為、ゲスな金持ちの下でメイドとして働く事になった。 二宮ひかり

こうするしかなかったんです。

父が多額の負債を抱え、困窮した生活を送っていた千秋。

連日取り立てに来る黒服の男たちに怯えて生活する事に疲れ果てていた。

「このままだと家族が路頭に迷ってしまう…」そんな中、千秋は取り立てにきた鶴木から借金返済の肩代わりで、自分の下で働くよう促される。

家族を守るため、苦渋の決断を迫られた千秋は、鶴木の下でメイドとして働く事になるのだが…。

「家族を守る為、ゲスな金持ちの下でメイドとして働く事になった。 二宮ひかり」の本編動画はこちらから

女優名: 二宮ひかり

二宮ひかり嬢が甘えて媚びる姿に魅了された至高の作品!

千秋(二宮ひかり)は、父の借金のため、ご主人さまとなった鶴木にカラダを求められ抵抗はするがツインテールの髪を握られて、後ろから挿入されて尻を打たれるカラダを何度も弄ばれて、孕めと言われながらで白濁をなかに出されているこのシーンは本当に嫌がっているように見えた。

この演技は値千金と評します父を知る資産家のような男が鶴木の屋敷に現れて相手をさせられる千秋は男の逸物を咥えるがゲホゲホとむせ返り、その度に叱られて、お仕置きをされる男に頭を押さえつけられて、強●的にフェラした後、口に出された汁を吐き出して・・・舌で掃除するように命じられ、服従するが、嫌悪のためか?嘔吐をもようしていたこのシーンは千秋の初心さを見せて、その後の展開とギャップを演出したものと解す!演技も脚本も素晴らしい!久々に帰宅した千秋は甲斐甲斐しく父の世話をする。

この時はすでに鶴木の手中に堕ちていた(父に問われて、ご主人さまは良い方だよ~と言いながら視線を宙に散らせる演技はお見事)完全に寝取られた彼女は、卑猥なメイド服を着衣して、鶴木に媚びながら逸物をおしゃぶり!自ら腰を振って快楽を貪ります堕ちる瞬間が分りにくい!変貌するシーンをダイジェストでも良いので見せて欲しかったこれでは若干尻軽女に見えてしまう。

ここだけは残念!大金を携えて娘を取返しに来た父に別れを告げて追い返す千秋彼女は父の目の前で鶴木にキスを求めるそして、女性器の俗称を自ら言葉にして、ここにいれてくださいとお願いして、濃厚に交わり自らお仕置きを求めて、パツンパツンと尻を叩かれながら、ご主人さまと甘え、白濁を女壺で受け止めて終わります。

股を大きく広げて熱く乱舞するこのシーンは最高です!十分堪能することが出来ましたひかり嬢は、甘える演技も上手であり、スパッキングを受入れる辺りは進化しています。

スパッキングは全て素手でしたがお尻を叩かれる姿はマゾぽくてかなり良かった!この作品は顔や肉体を傷付けるような折●はありません売れっ子女優への配慮と窺えますこのメーカーのシリーズ作「公開○○倶楽部」「野外露出調教」に彼女の主演をお願いしたい彼女であればAV至上に残る作品になると思う本作の評価は、女優の美しさ、可愛らしさ、演技、設定、助演者、台詞・脚本は最高点!マイナス点はあるが、星5つ越えと評します

流石!

ビデオテープ時代からこの手のドラマを作らせたら、随一のメーカーのアタッカーズ。

今作品も「堕ちていく女」を見事に描いている。

女のプライドをイマラチオとスパンキング、容赦ないバック責めで崩壊させただの雌犬に成り下がる二宮ひかりの演技は素晴らしい。

特に病弱の父親に心配をかけまいと健気な表情を見せるシーンはなんとも言えず、「この女をボロボロにしてやりたい」という嗜虐心を擽ってくれる私はこの女優さんはこの作品が初めてだが他作品も見てみたいと思わせる表現力を持っている

光る演技力、カワイイだけじゃないひかりちゃん

可愛くてイメージ作品でも十分興奮するひかりちゃんですがアタッカーズ作品に出演し始めてメキメキと演技力にも磨きがかかってきたと思います。

この作品は最初は無理矢理犯●れ、その後はお金のためもあり嫌々奉仕したり、男たちを受け入れます。

犯●れる時の嫌がる感じが最高ですがお風呂でフェラ、その後男に責められ感じてしまう感じもなかなか良いです。

欲を言うと立ちプレイが多いですがベッドでねっとりと舐め回された後イッてもイッてもピストンされるシーンが見たかった。

監督さんお願いします!

感情の表現力

今回のひかりちゃんの役柄は今までの中では一番強気な役柄だったと思う。

序盤ではご主人様に口ごたえしたり…ただその分お金の為というどうしようもない屈辱感や羞恥心という感情が強く表現されていて、強引に屈服させられていく様がSな人にはたまらないのではないかと思う。

ひかりちゃんのツインテメイドの姿はとても可愛いくて、それがゆえのスパンキングはハンドルイマラなどがとても痛々しくも感じるし、上記の屈辱感も相まってかなり可哀想な役柄になっている。

後半からは調教されてしまったのか、諦めて屈服してしまったのか従順にご主人様に奉仕しているのでハードめなのは前半だけな感じで、ひかりちゃんの敬語での喘ぎがとても興奮を助長してくれる。

最終的には金を返しにきた父親を拒絶するほど、完堕ちした(しかもドMな)絡みを見せてくれるというストーリー性豊かな作品になっている。

メイド作品ということで終始、ある程度の着衣ありで進行しているが、調教(?)懐柔(?)快楽堕ち(?)の度合いとリンクして、段々と布の面積が少なくなっていくのもいい演出だと思う。

「家族を守る為、ゲスな金持ちの下でメイドとして働く事になった。 二宮ひかり」の本編動画はこちらから

SNSでもご購読できます。