【沙月由奈】正真正銘イッている – 〜主従逆転!気の強い女がヤられる瞬間〜 極 屈辱淫熱 イキなぶり 第四話

〜主従逆転!気の強い女がヤられる瞬間〜 極 屈辱淫熱 イキなぶり 第四話

『気の強い女をヤル!!』人気シリーズ第四弾が登場。

今回は、優良企業の娘「沙月由奈」をヤり尽くす!!自由奔放で勝ち気…そんなじゃじゃ馬娘が、御曹司との婚約を破綻させた事によって悲劇が起こる…。

快楽調教で女を我が物にしようと企む男と、それを必死に拒絶する女…。

果たして女は、徹底的な快楽責めに耐えきる事ができるのか…!?

「〜主従逆転!気の強い女がヤられる瞬間〜 極 屈辱淫熱 イキなぶり 第四話」の本編動画はこちらから

女優名: 沙月由奈

この女優さんは難しいのでしょうね

個性的な女優さんなのですが、ゾンザイな口のきき方などを上手に使い分けないと、作品が薄っぺらくなるようです。

惜しい!

女優は中々

女優のスタイルや体つきは良い。

責め甲斐のある体。

ただ責めが一辺倒なのが問題。

気の強い女という設定なのだから、もう少し言葉責めや違う形での責めが欲しい。

いつもの責めだけでは他作品と差別化は図れないと思う。

これはええです。

非常にGOODでした。

途中から本気度満点で女優さんはブルンブルンしながら逝きっぱなしです。

最後のSEXではちょっと角度を変えるだけで逝っちゃいます。

男性を早く逝かせようとしきりに男性の乳首をマッサージしてたのが印象的でしたけど…。

正真正銘イッている

由奈は歯並びが悪く、首も太いから正直大きな期待は抱いていなかった。

たとえ小さな会社でも社長令嬢がヤンキーというのも解せないシナリオだと思うが。

最初こそ「さわるなクズ野郎」と毒づいてたが電マを股間に押し当てられ初めてイク。

剥ぎ取られたパンティーがべっとりと愛液で濡れそれを確認させられ恥じ入っている。

ブーツを穿いたままの大の字で責められ「もっとして」と哀願するまでになる。

M字拘束で電動ドリルでイカすが、責め手は由奈をよく観察していて大の字でイカせたあのピンクと白のツートンカラーのバイブを再び使い、奥深くまで挿入する。

根元の白い部分辺りまで押し込んでいるから20cm近く入っているはずだ。

イッても抜かずにいると、由奈の絶頂時のアエギ声が笑っているように聞こえる。

バイブを抜かれた途端に勢いよく放物線を描いてオシッコが30秒ほど止まらない。

モザイクも小さくAV嬢のイキっぷりの良さを買って★4。

「〜主従逆転!気の強い女がヤられる瞬間〜 極 屈辱淫熱 イキなぶり 第四話」の本編動画はこちらから

SNSでもご購読できます。