【七海ひさ代】白衣の七海ひさ代 – 汚された母の白衣 七海ひさ代

汚された母の白衣 七海ひさ代

看護士として働くひさ代の生活に暗い影がさす。

息子が怪我で重態になり、救う見返りに医師に身体を許す。

医師は暴走し業務中のフェラ強要、院内での貪りセックスに次第にハマってゆくひさ代。

医師の気まぐれで関係を絶たれたひさ代は火照った体を慰める。

そして息子の友人とのセックスに溺れるひさ代の女の性。

「汚された母の白衣 七海ひさ代」の本編動画はこちらから

女優名: 七海ひさ代

良い作品だと思うけど……

他の投稿者の書込みどおり、良い作品だとおもいます。

ストーリー、演技共によかった。

七海さんの眼の使い方、手の動き、見事だと思います。

また男優も決して大根じゃあない。

この辺の配役、演出は御見事。

溜池監督さすが。

でも、ちょっと気になる点が幾つか。

まずは七海さんの付けまつげ。

顔がアップになるとバサバサと音のしそうな付けまつげが看護師には相応しくないでしょう。

ロングで引いてる時にはいいけど顔がアップになると悲しいよ。

ハイビジョンは女優さんに厳しいね。

次に、無理やり迫られてのセックスでの嬌声。

あのシーンでは感じていても堪える演技をして欲しかったなぁ。

最後に、白衣を着ている時の下着。

白色の地味な下着じゃないとリアルじゃないでしょう。

そんなこんなで星を5あげたいけど、一つ減らしちゃった。

ナース白衣が若い娘の定番と思ったら大間違い!

ジャケット画も特上だけれど、作中の白衣姿の七海ひさ代がとにかく美しい!たいがいのコスチュームをばっちりキメてくれる女優だが、近親相姦ものでも、ドラマでも、美ボディー全裸が一番魅力的に見えていた女優さんだけにこんなコス設定でもまさかこれほどハイグレードに魅せてくれるのが衝撃的だった。

しかし、七海ひさ代のフェラは顔つきといい、目、口元、頬、手、指、舌使いを妄想させるほどに、とにかく絶品。

なかなかこれほど羨ましいフェラを見れる女優さんもいないと思いながら、見入ってしまう・・・・・・白衣フェラもとにかく良すぎてたまらない!!

白衣姿に脱帽、美しく、妙にリアリティを感じさせるナースコス最高!

このシリーズ衣装は誰でも白衣で変化はないしポーズも同じで、結局は白衣帽をしている女優さんの「顔」が命かと・・・そこで白衣姿も、白衣を纏った顔も、とにかくこの人の美しさは一目瞭然で群を抜いた美熟女。

白衣の美しさと、妙にリアル感も感じてしまうエロティシズム、見事な影が彫刻のようにくっきりと映える鎖骨もフェチ要素としては最高クラスだろう。

四十路美人の七海さんだが、内容的にはやや後半数ヵ所で蛇足を感じざるを得ないが「友人の母」のように長寿シリーズと違い、ストーリとして定まってない感があるのか?と思えてしまう点では非常に残念。

既に内容の面ではどれもこれも皆さんがレビューコメントしているのでそこは置いておき、作中の、七海さんの白衣姿にも一見の価値あり!

どちらかといえ当たり作品、とにかくエロイ

ひさ代姉さんがいろいろな体位で楽しませてくれます。

特にドクターにはじめてお●んこを開かれるシーンは◎むささびのようなお●んこが目を少し細めるとお●んこの外郭(小さ目なお●んこ)が明確に認識できます。

減点材料は足指舐めとアナル攻撃等の性技の幅が狭かったのとストーリーが陳腐なのでマイナス1最近の溜池作品は確実にマドンナ作品より楽しめますね。

ひさ代さんは綺麗。でもア@ルが見えない。

相変わらず綺麗なひさ代さんである。

しかし監督が悪いのかカメラや編集がアホなのか、ア@ルが見えない。

こうなると、ひさ代さん主演の『女尻』や『いやらしい美尻』の系統作品を見ないと気が済まなくなるストレスを感じる。

それにしても、スタイルいいなあ。

女優

黒髪ロング、うなじ、鎖骨、くびれ、美顔和装美人のつもりだったが、白衣美人になっていた。

この際なら喪服美女を見たくなる。

すごい女優

スレンダー美熟AV女優

タイトル「汚された母の白衣」は,少しおかしい気もするけど,ナースに扮したスレンダー美熟AV女優,七海ひさ代が医師に凌●されます。

まあ,シリーズものなので,仕方がないけど,本当は「犯●れた母の肉体」でしょ。

全体的に,まずまずの演技力。

性欲旺盛さが伺える勃起している乳首。

本意ではない男とのSEXだけど,本性がエロなので,次第にドツボにハマっていく。

発射のシーンでは,自ら舌を突き出す淫乱ぶり。

エロ女,ひさ代,性欲覚醒です。

オナニーに耽り,息子の友達=若い男とのSEXで快楽を貪る。

彼女のAVは,ストーリーものがほとんどだけど,ただヤリまくる七海ひさ代も見てみたい。

あえぎ声というよりもうめき声

まったく興奮しなかった。

皆さんの評価が高いので、恐縮だが、七海の喘ぎ声は、動物的で、うめき声に近い。

さらに、凌●ものとして、ナレーションで「息子の為なら私はどうなってもいい」だけで、すぐに体を開くのは、酷過ぎる。

白衣の七海ひさ代

職業衣の七海ひさ代さんを見れて良かったです。

母役、叔母役、義母役と、台所風景ばかりだったのが、初めて「働く七海ひさ代コスチューム」が見れたことと、今回のパッケージ画が最高でした。

メーカー色やメイクの問題もあるけれど、ここまで顔アップに耐え得る四十路熟女さんも少ないのではないかと思う。

センビレ主観とは、全く違う目の表情も作中もそのまま変わらず凌●キャラを演じきっている。

自分としてはこの人の性技ファンでもあるので、いろいろな角度から見れることがひたすら嬉しい限り。

「汚された母の白衣 七海ひさ代」の本編動画はこちらから

SNSでもご購読できます。