【翔田千里】エロさてんこ盛りの千里ワールド – 息子を拒みきれないパイパン教育ママ 〜背徳に濡れた無毛の近親相姦〜 翔田千里

息子を拒みきれないパイパン教育ママ 〜背徳に濡れた無毛の近親相姦〜 翔田千里

教師である千里の趣味は、教え子が巣立つ時にご褒美として身体を捧げる事。

女手一つで育てられ千里に恋心を抱いていた息子の義一は、いつか自分にもご褒美があるものと思っていた。

ある晩、千里の下着の匂いを嗅いでいるところを目撃され、焦った義一は欲望の赴くまま猛る想いをぶつけるのだが…。

充電期間を経て復活した翔田千里が早くもパイパン作品に登場!毛に覆われた美熟女の土手がつるつるに剃られていく様は生唾モノ!

「息子を拒みきれないパイパン教育ママ 〜背徳に濡れた無毛の近親相姦〜 翔田千里」の本編動画はこちらから

女優名: 翔田千里

いいね

こういう倒錯した世界、いいね。

最初の 教え子にご褒美を上げるというのもいい。

翔田千里の演技の力によって ストーリーの世界に 引き込まれる。

作中での剃毛はエロさを増しますね

千里さんは復帰してから、精力的に作品に出演し続けてますね。

引退前より豊満になっただけでなく、淫靡さや妖艶さが増しておられ、AVファンからすると嬉しい限りです。

演技力の高さは相変わらずですし、安心して購入出来ますね。

ひとそれぞれ好みは有りますが、当方は引退前よりも復帰後の現在の方が好きです。

ストーリーは他の方が書き込んでおられるので割愛しますが、作品内で剃毛するのは難しいんでしょうね。

NGを出せない状況ですから…。

その苦労もあってエロさは増していますし、どの本番も千里さんの奮闘のお陰で濃厚になっていました。

特に印象に残ったのはラストの本番の顔射を受けた後の千里さんの表情。

大きくお口を開けノーハンドでお掃除フェラする様は最高にエロかったです。

今後も色んな作品にドンドン出演して欲しいものです。

う~ん

千里さんは昔から好きで復帰されて見たのですがエロエロフェロモンは相変わらずすごいのですが体がだいぶ太られたなと。

すごく残念できびしめの評価にしました。

なんか普通…

翔田千里さんのパイパンということで期待してみましたが…剃毛シーンは、なかなか良かったのですが…それ以外は、なんか普通って感じでした。

カメラアングルか男優のリードの仕方かよくわからないのですが、いまいち感情移入できなかったです…

たるんだ身体、しかしそれを補って余りある色気

千里さん復帰第一作なのだが、充電期間中に身体をスリムにしたのかと思いきや逆に更に弛んでしまったようだ。

 しかし、その身体、表情から発散する色気は他の追随を許さない。

 特に57-67分で息子と身体を重ねる場面は、彼女の秘密を知られてしまい観念して許す、と言う表情が良い。

 本作はストーリーの運びも良く佳作なのだが、身体の弛みに減点1である。

 千里さんは、牧原よりもずーっと若く、結城みさ、北条麻紀と同年代なのだから、もう少し身体の手入れをして下さい。

賞味期限切れ

そこに映っていたのは、胸と下腹がタプタプと揺れる、どこかのオバサン。

あの頃の「翔田千里」はいなかった。

「熟女」や「剃毛」が好きな人ならいいかもしれませんが、この作品は自分には合いません。

残念無念。

良かったです

翔田千里さん熟女で色気たっぷりでFやfuck.ナレーションも上手くて息子からマン毛剃られる所などエロさ十分で→◎、千里さんが今回教師で母の役を演じ見所前半~教え子(平本)とチ○ポFで→横舐め+金玉舐め捲り→パンテイの上からマ○コ扱き捲りF抜き...濃厚でいいです。

次マ○コデイルド攻め→色々な体位fuck→顔射お掃除F中盤(48分59秒)~息子と近親相姦で白の食い込みパンテイで指攻め→カメラアップ→いい→興奮→抜けますね。

イラマチオ.立ちバック.背面騎乗位...ザーメン尻射。

(70分)~マン毛剃られパイパンで青デイルド突っ込まれ...ここは特によい。

次マ○コ指突っ込みオナリ.終盤~息子とスケスケのエロタイツ姿で近親相姦fuckと千里さンのフェラ.毛を剃られる所.オナニー.fuckとよかったです。

下腹が・・・

以前に比べだいぶ贅肉が付いてきたようで、揺れるオッパイはイイですが下腹が揺れるのは・・・ちょっと残念です。

エロさは十分あります、抜けます。

エロさてんこ盛りの千里ワールド

第一級の熟女女優が戻って来た。

作品次第で復帰の明暗は分かれると思っていたが、淫乱さと慎ましさ、S性とM性、妖艶さと知性など奥行きたっぷりの演技力を発揮した作品に仕上がった。

からみ3回にフェラ抜き、オナニーまでついた充実のラインナップ。

一番印象的だったのは、教え子相手に淫語をばりばり漏らし、痴女ぶりを見せつけた千里ママが、息子に対してはマゾ的に振る舞い、快楽堕ちしていく演じ分けのうまさだ。

ぬぐようのない背徳感と、抑えきれない欲情・肉欲の葛藤を、実に細やかに表現している。

ちょっとした仕草、表情にエロさがあふれ、官能性、煽情性を高めている。

以前に比べ腰回りが豊かになり、だぶつきは見られる。

もうすこし絞ればもっと輝きが増すかもしれないが、それでもなお、男の股間を刺激せずにはおかない官能性は健在である点が、千里嬢が一時代を築いた大AV女優であるゆえんであろう。

「息子を拒みきれないパイパン教育ママ 〜背徳に濡れた無毛の近親相姦〜 翔田千里」の本編動画はこちらから

SNSでもご購読できます。