【松下ひかり, みなみ瀬奈, 元山はるか, さくら萌, 椿かなり】プロレスなんだろ? – 夢のコスプレ 東方タッグ編

夢のコスプレ 東方タッグ編

夢のコスプレ東方タッグ編とはキン●●ンの影響を受けた幻想郷の住人が織りなす一大タッグトーナメント。

いわば、「コスプレ例大祭」ならぬ「コスプレ例大祭プロレスごっこ」。

遊びは、真剣だからこそ面白い!そんなドタバタ寸劇。

試合開始です。

両軍入り乱れての大バトル!コスプレ例大祭のスピンオフ、シリーズ第一弾!?

「夢のコスプレ 東方タッグ編」の本編動画はこちらから

女優名: 松下ひかり, みなみ瀬奈, 元山はるか, さくら萌, 椿かなり

コスプレの要素がよくわからん

別に東●キャラである必要がわからん。

タッグったって、レスリングのような要素を持ちながらもいきなりおさわり大会からハメてるじゃん。

リングというものにある鉄柱やロープなど、そういうのにも手をつけてないでダラダラハメてるだけ。

これだったら男女混合レスラーの脱がしあいバトルとそんなに変わらん。

面白いアイディアではあると思うが、この要素でこの内容は個人的にない。

あと、アナウンサーうぜえ。

つかド下手。

ただ単にアナウンスでハッスルかけるだけじゃないんだよ。

もっとプロレスとかの入場シーンとかを見て発生のとポイントをしっかりと勉強しろ。

これあくまで三次創作だから!元ネタと特定のフェチズムと抜けない?

はじめに、東方二次創作の「夢の東方タッグ編」本編とその同人漫画の主旨である東方の世界でキン肉マ?ごっこを把握してからでないとまず楽しめない。

あくまでその漫画の対戦カードの一部であったリングコスチュームを再現したうえで再現したリングコスチュームからずらしてハメたいという欲求を満たすだけの作品。

少なくとも、霊?・レミ?アのリングコスチュームのデザインは人気が高いのでその再現度だけは目を見張る。

その同人作家のリングコスチュームのエロ可愛さの追及は女子プロファン目線で出来たもの。

例えば霊?は赤のハイレグレオタードで小さい胸が好きなひとにはたまらないと思う。

わりとニッチな趣味のみにうけるように仕向けただけ。

(個人としてはドストライクだが)広義のAVとしてはどうかと思うがこの作品は二次創作の同人漫画で生まれたリングコスチュームの再現度とエロ可愛い衣装にハメたい欲をAV化しただけで「夢の東方タッグ編」を読んだことのある人向け。

この作品でプロレス要素とか、リング内というシチュエーションを生かしたプレイとか批判するだけ無粋。

プロレスなんだろ?

プロレス要素が皆無。

開始5分間ブツ切りのドラマ仕立てでプロレスごっこから罰ゲーム称してSEX。

何だこれ?プロレスの意味有るの?パケ見て購入する時、色々妄想した自分殴りたいです。

騙しても売れればOK的なソフトガッカリです。

「夢のコスプレ 東方タッグ編」の本編動画はこちらから

SNSでもご購読できます。