【石黒京香(黒木かえで)】顔でしょ、やっぱり – 女犯 石黒京香

女犯 石黒京香

艶やかな貴婦人、石黒京香…堕ちた魔性の瞳「そ、そこは…はぁあッッ!!や、止めて…止めないで…」下男のクサレチ○ポ虐め。

闇の案内人肉棒のマ○コ試し。

恥辱の公開放尿、恐怖のイラマチオ。

男共の魔手に犯●れ未亡人アクメ。

絶品オマ○コに吸い寄せられる俺のポコチン…ウヒッ!奥さぁん、最高ですよ!

「女犯 石黒京香」の本編動画はこちらから

女優名: 石黒京香(黒木かえで)

退廃的な雰囲気はあるのだが…

正統派の美女と呼ぶに相応しいスタイルと、それにマッチした甲高くか細い喘ぎ声が実にすばらしかったです。

和服の美しい見せ方を心得ており、肌蹴具合も絶妙でした。

但し残念な部分も目立ちました。

感じ方が単調な上、男優がなまじ頑張ってしまった為、飽きてしまい挙句の果てには、見ていて疲れてしまいました。

感じ方や責め方にもっとめりはりがついていたら、もう一ランク良い評価ができたかと思います。

品のある美女 石黒京香

骨格となるストーリがあるのだが、演出・脚色がまるで無いので、駄作になっている。

 石黒は美人で品があり、こんな人のsexが見られるなんて、、と驚嘆するような人であるが、絡みではマグロ的なところがある。

 そこを脚色で補ってやらねば、、。

 先ず、冒頭の下男のチンポをしごく所はは只しごくだけでは退屈である。

 スカートをたくし上げて脚を見せながら、「私の脚を見ながら出してごらん」とでも言わせたら引締まったエロチックドラマになる。

 和服で放尿させた後は延々と終わりまで絡みが続くのだが、その前にシャワーを浴びさせ、ヒモパン、ガーターヘルトの洋装に着替えて、客一人一人に脱がせてもらい、ヌードを披露した後はオナニーを見せつけ、それから絡み、と運んだら退屈はしない。

 折角の素材を活かし切れていない。

顔でしょ、やっぱり

脚本は大して面白くない。

というか、明らかにカラミに重点が置かれており、ストーリーはオマケ程度というのが正しいだろう。

セリフもほとんどないし。

何と言ってもこの作品の売りは女優の顔だろう。

品があってプライドが高そうな顔が、男たちのものを喉奥までくわえ込み、犯●れて屈辱と快楽に歪むところは一見の価値あり。

フェラテクもかなりのものなので、カメラも顔を中心に撮ってる感じ。

胸は小ぶりなのでオッパイ星人にはちょっと残念かも。

「女犯 石黒京香」の本編動画はこちらから

SNSでもご購読できます。