【神波多一花】熱帯夜作品でも最高作品だ。 – 熱帯夜 神波多一花

熱帯夜 神波多一花

真夏の暑さの中、就職が決まらないヒサシは家族にも疎まれ鬱積を溜めていた。

そんな中、義姉の一花への恋情を募らせてゆくヒサシは、一花を犯してしまう。

抵抗する一花だがヒサシの「愛している」という言葉に心は揺れる。

そして禁断の不倫情事に溺れてゆく…。

熱帯夜、汗まみれで乱れる一花の熱情。

「熱帯夜 神波多一花」の本編動画はこちらから

女優名: 神波多一花

想像通りの出来

女優の自然なエロさを引き出しているし、ドラマの演出もそれなり自然。

シリーズとしては同じようなストーリーなので、絡みだけで十分。

一花の乱れっぷりに驚愕!

一花はお淑やかな顔立ちから想像も出来ない淫乱ぶりを発揮してました。

序盤から清楚な人妻と言う設定には合わない乱れっぷりを披露していました。

初めて義弟にフェらした時の一花の表情はまるでケダモノ。

笑みまで浮かべ義弟を見つめジュポジュポ音。

ドラマの展開を完全に無視した独り舞台。

あの場面は少し控え目して欲しかった。

筋書きは義弟に迫られ抵抗したものの体を許してしまう兄嫁。

激しく攻められ逝き果て女に目覚めていく。

筋書きはいつものシリーズのパターンですが、違った点は義弟の関係を義父に目撃され、義弟が叱咤され、その流れで黙って家を出ていく・・・。

兄の嫁に”ちょっかい”出したら当たり前の事なんですが、こんな展開も有りかなと思いました。

神波多一花のファンなら堪らない、彼女のド助平を全開にした作品でした。

一花の騎乗位・・・

一花ちゃんの騎乗位にあっぱれ!って感じの作品です。

演技なのかはわからないが、男優が脚本通りでも「愛してる」って言うと、女優は嬉しく思うのか、迫力ある絡みでした。

熱帯夜作品でも最高作品だ。

神波多さんは、美人度は兎も角最高にエロイ。

増して、この作品は溜池監督が自ら作った最高作品だ。

途中のカメラワークが素晴らしく大変良かった。

しいて言えば、一花の神キスがもう少しあれば、大満点であった。

「熱帯夜 神波多一花」の本編動画はこちらから

SNSでもご購読できます。