【井上綾子, 葵紫穂】オルガのど真ん中作品です – 人妻交姦 〜W不倫で燃え盛る背徳のスワップ〜 井上綾子

人妻交姦 〜W不倫で燃え盛る背徳のスワップ〜 井上綾子

子供が出来ない夫婦。

綾子は母体の年齢から限界を感じていた。

そんな時夫から紹介された田淵に野性的な魅力に惹かれて関係を結んでしまう。

燃え上がる綾子は排卵日ごとに求め合っていくのだった。

ある日、夫婦同士の会食で女同士の嫉妬と情欲が入り乱れ、遂にW不倫の修羅場と化していくのだった…。

「人妻交姦 〜W不倫で燃え盛る背徳のスワップ〜 井上綾子」の本編動画はこちらから

女優名: 井上綾子, 葵紫穂

余韻を残す作品

この感想を述べる前に、常日頃AVについて思うところがある。

AV女優に演技力なんかいらない、そんな物は求めていない。

という意見もあるが、それなら2、3本も観れば充分である。

やっている事は大して変わりない。

この作品はその対極にある作品といっていい。

スト-リ-、設定も練られ、音楽、小道具、付けている衣装、下着等にも監督のこだわりがうかがえる。

話の筋としては、子供のできない中年夫婦と倦怠期の夫婦、二組の話である。

井上綾子の最初カラミは贖いながらも受け容れてしまうところがいい。

特にその表情がいい。

我慢できずにイッテしまう表情、挿入をねだる表情等がとてもそそる。

次はオナ○ーシ-ン、普通は熟女物のオマケみたいなものだが綺麗に厭らしく撮られている。

特にその音。

オナ○ーする卑猥な音色を堪能してもらいたい。

二度目は台所でのカラミ。

主人の事を気にしながら着衣のカラミ、そしてイッタあとの表情、吐息がいい。

次はお約束の4Pである。

通常は安易な方法で4Pになるのだが、今回は必然性があった。

いい意味で裏切られた。

そしてここでは、女同士の競い合いがあり、井上綾子もそれまでの、貞淑な妻から変化する。

そしてパ-トナ-チェンジ、これにも理由があり、そして結末にもひと工夫ある。

共演の葵紫穂、男優陣も良かった。

貞監督、彼の演出は素晴らしい。

練ったストリ-、細かいこだわり、何より井上綾子を綺麗に撮っている。

私が思う井上綾子が最も綺麗に見えるアングルと一致している。

下から見上げる彼女の表情がいい。

井上綾子のテ-マ曲も綺麗である。

そして井上綾子、表情、しぐさ、喘ぎ声、吐息、キスどれもよかった。

スレンダ-ながら緩んだところのある体形。

またナレ-ションも上手である。

AVに一本でも、出演すれば女優と名乗るなか、本当に女優と名乗れるのは10人に一人いるかいないかである。

大半はAV嬢である。

井上綾子は本当の意味で女優であり、この作品で一皮むけた気がする。

でもまだ成長過程だと思う。

全体として、二人の妻の動と静のSEXの対比、夫婦の問題、葛藤などを描いた作品で,昔の日活ロマンポルノにも負けない良作である。

久々、観たあとに余韻を残す作品であった。

今回は完全に5点。

井上綾子の代表作。

最後に、今度は井上綾子単独主演で,貞監督が撮った作品を、是非観てみたいと思う。

名優田渕の演技に感服。

すごくゆとりのある振る舞いで、井上綾子の戸惑いや恥じらい・葛藤を引き出していました。

特に敢えて奥まで挿入せず、じっくりと反応を引き出している本番シーンは烈しい腰使いに頼りがちな若手男優とは、一線を画す見応えがありました。

お手本にさせてもらうつもりです。

オルガのど真ん中作品です

家を訪れた旦那の知り合いから迫られ体を許してしまうところから始まり、タイトルにもあるW不倫で最後は同じ部屋4Pの絡みが繰り広げられます。

エンディングのシーンに落ちがあります。

「人妻交姦 〜W不倫で燃え盛る背徳のスワップ〜 井上綾子」の本編動画はこちらから

SNSでもご購読できます。