【青木玲】雰囲気は良いが… – 華道家元乱れ咲き 濡れた花 青木玲

華道家元乱れ咲き 濡れた花 青木玲

弟子の数も年々減り続け、最後の弟子も先月辞めてしまいました。

この先どうしたらいいのか、どうなってしまうのか…。

全く先の見えない日々の中、ある出来事が私の人生を大きく変えることになるのです。

「華道家元乱れ咲き 濡れた花 青木玲」の本編動画はこちらから

女優名: 青木玲

熟女にはやっぱ着物だねっ♪

経営不振の華道家の玲さん…資金を工面してくれると言うエロ親父の言いなりに…まぁ、元から欲求不満でいつもバイブオナしてた位だから解消にはなったかもねっ!…熟したオマ○コをたっぷり舐められ、激しく突かれて中出しされちゃいました…そしてそのまま親父の言いなりにテーブルの上に乗って玩具責めされて感じまくる玲さん…M字で四つん這いで…着物で責められる熟女姿はなかなかですが今一盛り上がりが欠ける感じっ!…せっかく生徒達も増えてきたと思うから…生徒達にもご奉仕してあげないとなぁー♪、皆、着物姿で淫らな玲さんを見れるのを楽しみにしてると思うんだけどなぁー!

和服がとても似合っていました

赤い和服がとても映えていました。

製作側はそんな意図をしていなかったのかもしれませんが、青木さんタイプの女性がこういう和装をしてくれたら、スケベな意味でなく華道の人気が上がるかもしれません。

そのぐらい似合っていました。

華道の資産家先生、青木さんの和装にやられちゃったのだろうな。

後継者で揉めることが必至ですね。

あと、流派の名前はもう少し考えたほうがいいかな。

思春期の女子高生が自分の流派を聞かれて「ぬれめしべ流」と答えないといけないのは、ちょっと可哀想です。

雰囲気は良いが…

青木玲は美人だが、薄幸そうな顔立ち、スレンダーを通り越しやせ過ぎといっていい身体といった特徴から、これまで凌●されるM女といった役所が多かった。

この作品ではM女というより、品は良いが拒めないいいなり痴女といった役。

こちらの方が彼女の雰囲気にはぴったり嵌っていると思う。

うなじが細く長いので和服姿がよく似合う。

抑え気味にイク感じ方も作風に会っている。

監督の雷蔵は凌●ものが多い監督だが、そこを抑えてしっとりとした雰囲気づくりに徹したのは評価できる。

ただ、カラミの構成が悪い。

110分で本番が2回は少ない。

独立した弟子とのカラミが1回、弟子に紹介されたパトロンとのカラミが1回。

華道教室が持ち直した後、パトロンにオモチャ責めされて終わるが、ここでもしっかりハメてほしかった。

その際、ギャップを出すため、進んで身体を開く感じだと「非常に良い」作品になったと思う。

「華道家元乱れ咲き 濡れた花 青木玲」の本編動画はこちらから

SNSでもご購読できます。