【水沢莉久】母子設定は、必要か?? – 背徳の母子痴●電車 母だと知らずに触った息子、息子だと知らずに感じた母 水沢莉久

背徳の母子痴●電車 母だと知らずに触った息子、息子だと知らずに感じた母 水沢莉久

いつもと変わらない朝――「行ってきます。

」「行ってらっしゃい。

」いつものように会社に向かう息子を見送った母は、たまの自分へのご褒美にと珍しく派手な衣服に着替え、いつもより入念に化粧を施して買い物へと出かけた。

今思えば久しぶりの電車に多少気持ちが浮わついていたのかもしれない。

(…!?)長らくご無沙汰で鈍感になっていた体に違和感を感じたときは、すでに背後から伸びた手がこの年相応に枯れてはいるものの豊満な身体の肉を鷲掴みにしていた。

(まさかこの年で痴●なんて…)驚きと恐怖でされるがまま…しかし性感帯を刺激されるうちに吐息が漏れ、自分でもわかるほどに股間が濡れ始める…そして硬くなった男根を擦りつけられ白濁液でスカートが汚されると…「ちょっと!」我に返り振り向くと、そこには眼鏡とマスクで変装した息子が立っていた。

「背徳の母子痴●電車 母だと知らずに触った息子、息子だと知らずに感じた母 水沢莉久」の本編動画はこちらから

女優名: 水沢莉久

コスチュームがエロくてよかった

今まで、特に前作が素晴らしかったので発売日に早速購入。

コスチュームがエロくてとてもよかった。

オナニーのシーンでは、莉久さんの感じやすい乳首を自ら触ってよがっている姿がいやらしくて最高だった。

しかし、男優がまったくダメ。

もっと莉久さんを気持ちよくするように徹底的に攻めて、良さを引き出せる男優を起用してほしい。

莉久さんの体がすでにエロいので、熟女ものとかストーリーものではなくて、彼女をひたすらイカせるような企画ものを出してほしい。

母子設定は、必要か??

むっちりした体つきの色っぽい女優さん。

ただ、あまりにも、展開が唐突。

痴●されたことで、欲情しオナニーしているところを息子に見られ、そのまま何故か、エロい全身網タイツを着て、息子とセックス。

その後は、電車で痴●からの車内でセックス。

女優さんの魅力を楽しむ作品なのかもしれませんが、母子相姦のドラマを求めるならば、あまり、楽しめない作品です。

「背徳の母子痴●電車 母だと知らずに触った息子、息子だと知らずに感じた母 水沢莉久」の本編動画はこちらから

SNSでもご購読できます。