カラミ下手 – 実録NTR盗撮 女房と指圧屋 自慢のFカップ女房を指圧屋のスケベおやじに触らせたい!

実録NTR盗撮 女房と指圧屋 自慢のFカップ女房を指圧屋のスケベおやじに触らせたい!

女房は更年期なのか何なのか、最近どうも肩がこって仕方がないと言っておりまして。

そんなに辛いのならと、駅前の出張指圧を頼んでみるように勧めたのです。

女房はあまりに乗り気ではなかったようなのですが、私は少し強引に、一度頼んでみるようにと言いました。

私が不在の日中に、赤の他人のおっさんに女房が体を触られている…。

その事実にモーレツにNTR興奮を覚えてしまい、私は、自宅にこっそりカメラを仕掛けたのでした。

「実録NTR盗撮 女房と指圧屋 自慢のFカップ女房を指圧屋のスケベおやじに触らせたい!」の本編動画はこちらから

夫の存在があってこその「寝取られ」、エンディングないのは致命的。

最初、夫がカメラを設置する様子から始まり、少しづつ指圧屋の方へ堕ちていく妻と指圧屋のカラミがひと段落するたびに幕間として夫との日常の様子を混ぜるという演出は、作品の中で夫の存在感を意識させ続ける効果的な良い演出であった。

また、指圧屋が盛んに夫との比較を妻に問い、夫より良い、という言動を繰り返し妻の口から言わせるという演出も良い。

ただ、幕間では日常会話だけでなく、セツクスレスになっている様子や夫とのSEXでは満足を得られていない様子などを混ぜるなど会話にも意味を持つモノも混ぜるべきであった。

また、作品の最後には、この盗撮映像を目にすることになる夫はどういう行動をしたのか、夫と妻の関係がどうなってしまうのか、指圧屋とのその後、など、この寝取られが起こったことによる最終的なエンディングを入れるべきであった。

丁寧に寝取られ感を煽るだけ煽って、いきなりエンディング無しで終わるという「へ? これで終わり?」という梯子外され感が残る作品となってしまった。

更に人妻に「ナマ中出し」が最大の寝取りである。

ゴムをつけるとか中出ししないSEXしかしないというのは本当のガチじゃない限りマイナスでしかない。

結局、寝取られとして他の作品ではあまり見られない良い演出もありながら、中途半端な部分もそれと同じくらいあったという、惜しい作品であった

誰かわかります?

なかなか雰囲気のいい奥さん!この女優さん、名前わかる方いませんか?

最後まで完結を・・・

肩凝りの奥さんが週1訪問の指圧師に、段階を踏まれて関係の無い女芯を弄ばれていきます。

徐々に指圧師の指攻めに翻弄され、快感に下着を濡らして逝かされてしまいました。

何週目かには欲情して堪らなくなった指圧師のオッチャンが、奥さんに性交渉をお願いした処やんわり断られます。

代わりに奥様がフェ〇チオしてあげて口の中で射精まで許す仲になっていました。

この中で「旦那さんのチ〇ポとどちらが大きいですか?」と指圧師に奥さんが問われるシーンが有ります。

それ絶対旦那役「氷崎健人」のが大きく指圧師役のオッチャン(小っちゃい)極小で笑わされました。

女優さん(奥さん)も鼻の脇の皺、ソロソロ法令線が気になり出した年齢のようでした。

ラストが中途半端な終わり方、あそこは旦那が奥さんに不倫の証拠映像を突きつけて、修羅場にしたらヒット作品になったかも・・・。

久々のヒット

最初から最後までその場で一気にいってしまうのではなく、数回に分けて指圧師が訪問し、徐々に落としていくという展開。

物静かそうで若すぎず老けすぎず程よい体つきの嫁と、下手に出ながらも狡猾なゴツい親父体型の指圧師。

こういった要素が自分としては興奮したポイント。

フィニッシュ後の続きはないので、エピローグ的なものがあれば最高だったかもしれない。

それでも、自分としては久々にヒットした作品。

指圧屋の作戦勝ち

いきなり本丸を落とすのではなく外堀から徐々に埋めていき、最終的に相手をその気にさせ脚を開かせた指圧屋の完勝。

NTRものでは夫との淡泊な夜の営みがあることが多いですが今作は構成上夫との営みはなく指圧屋が女房をおとすまでをきっかけから描いています。

ちなみに録画した映像を夫が確認して悔しがり自らを慰めるようなシーンもありません。

あくまでも実録として仕上げています。

女優名

成宮麗子さんですね。

フルネーム載せない作品が多いです。

裏にも出演しています。

堕とすまでの過程を楽しめます

主演の成宮麗子さんは「人妻たちの企て」で官能的な艶技をしていますので、関心のあるか方はそちらの作品もどうぞ。

僕の最大の楽しみは、段階をおって堕とされていく人妻の姿です。

倫理観や罪悪感と闘いながらも、快楽に負けてしまう、そういう過程が興奮するんです。

現実には、マッサージものでは、その場でやられてしまう作品が殆どです。

この作品は、そういう意味では満点ですが、さー、いよいよ本番、男のものが、ズブリと、あれー!入ってくところちゃんと見せてよ!というわけで、星ひとつ減点です。

せっかく麗子さんが良い仕事してるのに、チョットだけ残念です。

でも、こういうシチュエーションは素晴らしいです。

違う男優さん(もっとでかくて、はつらつとした)で続編を是非!

フェラシーン少ない

暗闇のフェラはまったく見えない。

で最後の絡みもフェラナシで残念。

あと風呂場とのシーンとかまったくいらんw

カラミ下手

カラミまで持っていく助走部分は良い感じ。

ですが、途中の暗視映像の演出はいらない。

最終カラミは下手ですね。

手マンも大して上手くない。

動きが固い。

女優の演技(アエギ)で誤魔化しているけど、男優のスキルが高いとは思えない。

動きが緩慢で、各体位でピストンが長続きしない。

体力がないのだろう。

他のレビュー同様に、本番終了=ENDなので、尻切れトンボな感じはする。

この手の作品のエピローグは、NTRの継続性が生まれるので入れた方がいい。

「実録NTR盗撮 女房と指圧屋 自慢のFカップ女房を指圧屋のスケベおやじに触らせたい!」の本編動画はこちらから

SNSでもご購読できます。